先日の私のブログでも案内したNHKクローズアップ現代を視聴しました。

全体的に再生可能エネルギーのことがほとんどだったのが大変残念に思います。

しかし、日本の企業も少なからず取り組んでいて、取り上げられていたソニー等、太陽光パネルを大量に設置する等、努力されているなと思いました。

正直、取り組む順番が違うのではないかとも思いましたが…

住宅分野も当てはまりますが、CO2を極力排出しないように建物の断熱化・気密化を行い、設備を見直し排出量を削減して太陽光でクリーンな電気を使うのが正しい順番ではないかと思います。

また、RE100と言う会合に住宅荷も取り組んでいる大手ハウスメーカーの名前が2社ありました。

どちらも気密・断熱性能に劣るメーカーなのが印象的で、ただ世間へ取り組んでるよアピールのために参加してるのかなと思いました。

しかも日本は勢造業のCO2削減は進んでいますが、住宅からのCO2排出量は年々増えています

私の仕事は住宅等の設計及び施工です。

私に出来る取組みはいろいろありますが最大のCO2削減対策は設計・施工する住宅をエネルギーを極力使わない、使っても再生可能エネルギーの太陽光発電システム等で自家発電したエコな住宅づくりに1棟でも多く携わることです。

自分の子ども達を始め、未来の子ども達のためにCO2を極力削減し、快適に長く住める住宅づくりに一棟でも多く携わっていきたいと思います。