長期優良住宅とは?|茂木町でエアコン1台で一年中健康で快適な高性能住宅を新築するなら磯建設株式会社

茂木町で高性能住宅を新築するならZEHビルダー登録済で地域で1番ZEH住宅や高性能住宅を新築している磯建設へ。地域一番の断熱・気密・耐震性能と太陽に素直な設計でエアコン1台で一年中健康で快適なZEH及び高性能住宅を新築・リフォームしている磯建設へ

今回は「長期優良住宅」について説明したいと思います。

住宅を新築・購入しようとしたさいに「長期優良住宅」という言葉を耳にしたり、目にしたりしたことがあると思います。
では長期優良住宅とはどんな住宅か?….とても簡単に言うと「価値の下がらない、良い住宅を建て丁寧に修繕を重ねながら長く大切に使える」住宅です。

もっと詳しく書くと、今までの日本の住宅は建ててから約30年ほどで取り壊す。いわゆる「スクラップ&ビルド」でしたが、欧米諸国のように良い住宅を建て丁寧に修繕しながら100年から300年使える「ストック活用社会」に対応した住宅のことで、住宅を頻繁に解体しないことから、解体撤去時に出る廃棄物やCO2を抑え環境負荷と建替えにかかる費用を減らす取組みです。

 

長期優良住宅と認定される条件
長期優良住宅に認定されるためには下記の項目を全て認められる必要があります。
●耐震性
●劣化対策
●維持管理
●可変性
●バリアフリー性
●省エネ性
●住居環境
●住戸面積
●維持保全計画
長期優良住宅と認められたら終わりではありません。
住宅建築やその後のリフォーム・リノベーションの記録、定期点検の内容等を履歴として残していく義務があります。
また現在は自治体から5年や10年といったサイクルで維持保全計画通りに定期点検のお知らせと保全状況がどのようになってるか、報告を求められることがをあります。
定期検診は維持保全計画書に記載の人物又は会社が行うことになっておりますが、ほとんどは施工した工務店・ハウスメーカー・第三者の住宅診断会社に頼むことがほとんどです。
もしこの報告に虚偽の報告をした場合、罰金を課せられてしまう可能性や状況によっては長期優良住宅の認定が取り消されることもあります。
取り消されると、補助金をもらっている場合、返還を求められる事もあります。
磯建設では住まいの住宅健康診断で無料の定期点検と履歴を付け、自治体への代理報告も行っております。
長期優良住宅を新築予定の場合は一度お問合せくださいませ。