その住宅が「どれくらいの地震の揺れや台風の風速に堪えられるか?」を表す目安に「耐震等級」があります。

その「耐震等級」には1・2・3までランクが分かれており、それぞれ地震や台風に対する強さが違います。
「耐震等級」1・2・3それぞれどのように違いがあるか書きたいと思います。

耐震等級1とは
耐震等級1は建築基準法に基づいた耐震性能を満たしている建物を指すもので、数百年単位で起こる地震(深度6強から7程度)で倒壊しない強さを持ち、数十年単位で起こる地震(深度5程度)では損傷しない事を基準としています。
※震度はは地震の被害状況から定められているため、地震の性質によって変化しますのであくまで目安です。

耐震等級2とは
耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の強度がある事を指しています。
長期優良住宅認定にはこの耐震等級2以上の強度が必要です。
※ちなみに避難場所に指定されている建物は木造以外でも耐震等級2以上で建てられています。

耐震等級3とは
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の強度がある事を指します。
耐震性能が最も高いランクに位置付けになり、災害時の拠点となる消防署や警察署などは耐震等級3で建てられてます。

現在は数百年単位ので起こるとされていた大地震が毎年のように全国各地で起こっております。
また、熊本地震では耐震等級2でも倒壊の恐れがあるとわかっています。
これから住まいを建てるなら耐震等級3以上の耐震に免震・制震のことも考えておくことが大事になります。

また、同じ耐震等級でも計算の方法によりその強さが違うこともあります。それは別途改めて書きたいと思います。

耐震等級とは?|さくら市でエアコン1台で一年中健康で快適なZEH及び高性能な住宅を新築・リフォームしている磯建設へ

さくら市で高性能住宅を新築するならZEHビルダー登録済で地域で1番ZEH住宅や高性能住宅を新築している磯建設へ。地域一番の断熱・気密・耐震性能と太陽に素直な設計でエアコン1台で一年中健康で快適なZEH及び高性能住宅を新築・リフォームしている磯建設へ