長期優良住宅とは簡単に言うと「資産価値が下がらず、長期間、快適に暮らせる住まい」として国に認められた住宅です。
その長期優良住宅の認定を取得するには9つの条件を満たす必要があります。
今回はその条件をご紹介します。

1.耐震性
必要性能:耐震等級2以上 免震建築物
大きな地震や台風・竜巻等が発生しても倒壊しにくく設計・施工されているか確認されます。

2.劣化対策
必要性能:劣化対策等級3 床下空間330㎜以上
長期間、建築物の構造躯体を使うことが出来る対策が取られているか確認されます。
腐朽しやすい床下や小屋裏の点検口の設置も義務付けされます。

3.維持管理
必要性能:維持管理対策等級3
構造躯体に影響なく、配管の維持管理、内装や設備の点検・修繕といったメンテナンスしやすく計画されているか確認されます。
配管等の更新時の工事が比較的簡単に出来るように計画されているか確認されます。

4.可変性
住居者の家族構成やライフスタイルの変化によって簡単に間取りに変更が出来るか重視されます。

5.バリアフリー性
車イスが通りやすく、廊下や玄関などの出入口を幅広く取られているか、または将来取れるようになっているか確認されます。

6.省エネルギー性
必要性能:省エネルギー対策等級4相当
地球環境にやさしく、家計にもやさしい断熱性能を備わった建物のことです。

7.住居環境
地域の景観と調和した建物になっているか、見晴らしの良さ、住み心地の良さなどを配慮されているか確認されます。

8.住戸面積
必要面積:75㎡以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)一つの階の床面積40㎡以上
住む上で必要な広さが確保され、暮らしやすい住宅であることを確認されます。

9.維持保全計画
必要書類:住宅履歴情報(いつ点検をして、どのような補修等をしているか)の記録・蓄積 少なくとも10年毎に点検を計画・実施
長く快適に暮らし続けられる住宅の状態を維持するために、定期的な点検・メンテナンス計画を定めているか確認されます。

長期優良住宅認定の条件|茂木町でエアコン1台で一年中健康で快適な高性能な住宅を新築・リフォームしている磯建設へ

長期優良住宅認定の条件|茂木町でエアコン1台で一年中健康で快適な高性能な住宅を新築・リフォームしている磯建設へ

以上、今回は長期優良住宅認定の条件を書きました。
これだけの条件を満たすわけですから、今は補助金や税制優遇があります。
詳しくは磯建設株式会社までお問合せくださいませ。