こんにちは。
那珂川町を拠点に未来に繋がる住まいづくりをしています工務店、磯建設の磯大助です。

弊社で採用しております冷暖房設備について少し詳しくご説明したいと思います。

床下エアコンについて
約3年前から磯建設で新築工事を依頼いただきましたお客様に標準仕様としてお勧めしている暖房方法です。
基礎で断熱し、その内部を暖房することで家全体を暖めていく暖房方法なので、エアコンをLDKに設置する物入などの下への設置と外部に面した基礎を気密化し、内部の基礎は外部の基礎より2センチ高さを低くし、基礎内部で人通口以外でも空気が流れるように、空気溜りができないようにしてまた、各部屋に空気を循環させるためのエアースリットを設ける事としております。
メインの活躍は冬場になりますが壁掛けエアコンでは無く、床置き型エアコンを採用の場合には夏のお風呂上がり等に冷房をかけ涼むこともできます。
床下エアコンは床下から暖め、1F床→1F壁→1F天井→2F床と床暖房と同じように足下から暖めるのでエアコン嫌いな方でも不快感を感じにくいです。
また、床暖房と違い使える床材に制限が無いため磯建設では施工時が一番キレイでその後劣化の激しい複合フローリングでは無く、保温性と調湿性が高く年月と共に味わいが出てくるサクラやマツ・クリ・浮造りの杉等の無垢フローリングを標準としています。
磯建設では床置き型の場合に基礎の土間に直接設置するのでは無く10センチ以上高く設置することにより災害等により基礎内部が水浸しになってもエアコンが浸水し壊れないようにエアコンの温度を感知するセンサー位置を把握して、センサーが誤作動を起こさないように設置しています。

以上、磯建設の床下エアコンの特徴を書きました。
次回は小屋裏エアコンについて書きたいと思います。

お問合せは下記をポチッとしてください。

お問い合わせ・資料請求